スポンサーサイト

  • 2016.03.22 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


デコアーティストと歯科衛生士の違い

デコアーティストと歯科衛生士の違いはいろいろあります。

資格を認定するのが民間団体と公的機関の違いになります。

デコアーティストはデコ電やデコグッズの製作技術やデコアートの知識を持っています。

歯科衛生士は、歯や口腔疾患の予防の歯石除去&薬物塗布や歯科診療の補助&介助をします。

JID(日本デコアーティスト協会)のサイトにデコアーティストの詳細が紹介してあります。

歯科衛生士は歯科衛生士会(公益社団法人)のサイトで紹介してあります。

民間資格のデコアート関係の資格名称は民間団体の数だけあります。

デコアートの民間資格を取得するならJID(日本デコアーティスト協会)の資格をおススメします。

JID(日本デコアーティスト協会)はデコアートの普及と製作技術の発展と向上を目的としてデコアート関連の会社が中心メンバーとなって設立されました。

デコアート関係の仕事をするなら業界に知られているJIDの認定資格を取得するのがベストです。

次に、デコアーティストと歯科衛生士の違いについて紹介します。

1)デコアートの民間資格

デコアーティストと歯科衛生士の違いを明確にするためにJID(日本デコアーティスト協会)のサイトと歯科衛生士会(公益社団法人)のサイト覗いてください。

JID(日本デコアーティスト協会)にはデコアート製作技術と知識レベルを証明する認定級数があります。

デコアーティスト1級・デコアーティスト2級・デコアーティスト3級です。

JID(日本デコアーティスト協会)の検定試験をクリアすれば取得できます。

検定試験のクリアには「がくぶん」の通信教育のデコアーティスト養成講座の受講をおススメします。

2)歯科衛生士とは

デコアーティストと歯科衛生士の違いを明確にするために歯科衛生士の概要を紹介します。

歯科衛生士は仕事をするうえで必要な国家資格です。

歯科衛生士として働くためには国家試験に合格することが必要です。

歯科衛生士国家試験には受験資格があります。

受験資格は専門学校・短期大学・大学などの歯科衛生士養成機関の卒業資格です。

歯科衛生士養成機関の卒業資格を得て歯科衛生士国家試験に合格すれば厚生労働大臣が歯科衛生士名簿に登録できます。

歯科衛生士名簿に登録することで歯科衛生士免許証を取得して歯科診療所や歯科医院で歯科衛生士として働けます。

3)デコアーティストは「がくぶん」

デコアーティストと歯科衛生士の違いは通信教育機関で学んで受験できることです。

デコアーティスト検定試験は「がくぶん」の通信教育のデコアーティスト養成講座で学べばクリアできます。

「がくぶん」の養成講座には4つのコースがあります。

プロフェッショナルコース・総合コース・基本コース・プライマリーコースです。

JID(日本デコアーティスト協会の)デコアーティスト1級検定試験クリアには、高度なレベルの知識と製作技術を習得する必要があります。

「がくぶん」の養成講座のプロフェッショナルコースで準備できます。

デコアーティスト2級検定試験クリアには、基本的な知識や製作技術と基本柄の製作を習得する必要があります。

「がくぶん」の養成講座の総合コースで準備できます。

デコアーティスト3級検定試験クリアには、基本的な知識や製作技術を習得する必要があります。

「がくぶん」の養成講座の基本コースで準備できます。

JID(日本デコアーティスト協会)のサイトでデコアーティストの詳細を確認できます。

歯科衛生士会(公益社団法人)のサイトで歯科衛生士のことを確認できます。

民間団体のJID(日本デコアーティスト協会)の検定試験対策には、通信教育機関の「がくぶん」の養成講座のプロフェッショナルコース・総合コース・基本コース・プライマリーコースをおススメします。





デコアーティストの通信講座

「がくぶん」のデコアーティストの通信講座のデコアーティスト養成講座は、JID(日本デコアーティスト協会)の認定級数の検定試験対策におススメします。

JID(日本デコアーティスト協会)にはデコアーティスト1級・デコアーティスト2級・デコアーティスト3級の認定資格があります。

デコアーティストの詳細はJID(日本デコアーティスト協会)のサイトで確認できます。

デコアート関係の資格には公的資格はありません。

民間資格なので民間団体の数だけの資格名称があります。

デコアートの民間資格を選ぶポイントは、デコアート業界に知られている資格を選ぶことです。

デコアートの普及と製作技術の発展・向上を目的に設立されたJID(日本デコアーティスト協会)は、デコアート関連企業が主体となっています。

デコアーティスト情報発信・認定級位試験の実施と資格の認定・デコアート指導者の育成・デコアートのセミナー・研修会・コンテストの開催などが、JID(日本デコアーティスト協会)の主な活動です。

次に、デコアーティストの通信講座を紹介します。

1)「がくぶん」の通信教育講座

JID(日本デコアーティスト協会)の検定試験対策ができるデコアーティストの通信講座を選ぶなら「がくぶん」をおススメします。

「がくぶん」は伝統と実績のある通信教育機関です。

家事や育児に忙しくて通学制講座に通えない女性には「がくぶん」の通信教育講座が適切です。

通信教育の「がくぶん」のデコアーティスト養成講座であれば、家事や育児などのライフスタイルに合わせてマイペースで講座を進められます。

2)デコアーティスト養成講座

「がくぶん」のデコアーティストの通信講座のデコアーティスト養成講座には、プロフェッショナルコース・総合コース・基本コース・プライマリーコースがあります。

プロフェッショナルコース・総合コース・基本コースは。JID(日本デコアーティスト協会)の検定試験に対応しています。

フェッショナルコースはデコアーティスト1級・総合コースはデコアーティスト2級・基本コースはデコアーティスト3級に対応しています。

プライマリーコースはオリジナルデコレーションを楽しみたい人におススメします。

3)養成講座の基本コース

「がくぶん」の養成講座の基本コースはJID(日本デコアーティスト協会)の認定級数の検定試験デコアーティスト3級に対応した講座内容です。

養成講座の基本コースではデコアートの基本的な知識と制作技術を習得できます。

「がくぶん」のデコアーティスト養成講座の基本コースを利用すれば、家事や育児の合間のマイペース学習で検定試験をクリアできます。

養成講座の基本コースを受講して、デコアーティスト3級合格レベルの知識と製作技術を習得しませんか。

JID(日本デコアーティスト協会)のサイトでデコアーティストの詳細を確認したら「がくぶん」の通信教育のデコアーティスト養成講座のサイトを覗いてください。





デコアーティスト合格率・合格ライン

デコアーティスト合格率・合格ラインはJID(日本デコアーティスト協会)のサイトで確認できます。

JID(日本デコアーティスト協会)にはデコアーティスト1級・デコアーティスト2級・デコアーティスト3級の認定資格があります。

「がくぶん」の通信教育のデコアーティストの詳細は養成講座のサイトで紹介してあります。

「がくぶん」の通信教育のデコアーティスト養成講座には4つのコースが用意されています。

プロフェッショナルコース・総合コース・基本コース・プライマリーコースです。

JID(日本デコアーティスト協会)のデコアーティスト1級・2級・3級の検定試験をクリアするには、「がくぶん」のデコアーティスト養成講座を総合評価「A」の成績で修了することです。

デコアート関係の資格は民間資格なので認定する団体の数だけあります。

デコアートの資格を選ぶならJID(日本デコアーティスト協会)の認定級数をおススメします。

JIDはデコアートの普及と製造技術の発展と向上を目的として設立されました。

JID(日本デコアーティスト協会)の設立団体はデコアート関係企業が中心になっています。
次に、デコアーティスト合格率・合格ラインを紹介します。

1)3級と基本コース

JID(日本デコアーティスト協会)の3級のデコアーティスト合格率・合格ラインの概要を紹介します。

「がくぶん」の通信教育のデコアーティスト養成講座・基本コースを総合評価「A」の成績で修了すれば3級検定試験レベルはクリアできます。

日本デコアーティスト協会(JID)のデコアーティスト3級の検定試験の認定レベルは、デコアートの基本的な知識と製作技術のクリアです。

2)2級と総合コース

JID(日本デコアーティスト協会)の2級のデコアーティスト合格率・合格ラインの概要を紹介します。

「がくぶん」の通信教育のデコアーティスト養成講座・総合コースを総合評価「A」の成績で修了すれば2級検定試験レベルはクリアできます。

日本デコアーティスト協会(JID)のデコアーティスト2級の検定試験の認定レベルは、デコアートの基本的な知識と製作技術とデコアートの基本柄の製作です。

3)1級とプロフェッショナルコース

JID(日本デコアーティスト協会)の1級のデコアーティスト合格率・合格ラインの概要を紹介します。

「がくぶん」の通信教育のデコアーティスト養成講座・プロフェッショナルコースを総合評価「A」の成績で修了すれば1級検定試験レベルをクリアできます。

日本デコアーティスト協会(JID)のデコアーティスト1級の検定試験の認定レベルは、デコアートの高度な知識と製作技術です。

デコアーティストの詳細は日本デコアーティスト協会(JID)のサイトで確認できます。

日本デコアーティスト協会(JID)の検定試験のクリアには「がくぶん」の養成講座を総合評価「A」の成績で修了することです。

検定試験の3級には基本コース・2級には総合コース・1級にはプロフェッショナルコースが対応しています。






デコアーティストの取得期間の目安・傾向

デコアーティストの取得期間の目安・傾向は、JID(日本デコアーティスト協会)と「がくぶん」のデコアーティスト養成講座のサイトで確認できます。

JID(日本デコアーティスト協会)の検定試験に合格すれば認定資格を取得できます。

JIDの認定資格は民間資格ですが、デコアートの知識と製作技術レベルを証明します。

「がくぶん」の通信教育講座を受講してください。

デコアーティストの詳細はJID(日本デコアーティスト協会)のサイトで確認できます。

JID(日本デコアーティスト協会)の認定級数にはデコアーティスト3級・デコアーティスト2級・デコアーティスト1級があります。

基本レベルから応用レベルプロフェッショナルレベルの資格が揃っています。

次に、デコアーティストの取得期間の目安・傾向を紹介します。

1)デコアーティスト3級のいろいろ

JID(日本デコアーティスト協会)の認定資格の3級デコアーティストの取得期間の目安・傾向を紹介します。

取得期間の目安は、「がくぶん」の通信教育のデコアーティスト養成講座の基本コースの標準受講期間から3ヶ月程度で取得できると予測できます。

知識と製作技術レベルの目安は、基本的なデコアーティストレベルの知識・製作技術の習得です。

デコアーティスト3級には受験資格はありません。

「がくぶん」のデコアーティスト養成講座の基本コースの修了でデコアーティスト3級の取得レベルをクリアできます。

2)デコアーティスト2級のいろいろ

JID(日本デコアーティスト協会)の認定資格の2級デコアーティストの取得期間の目安・傾向を紹介します。

取得期間の目安は、「がくぶん」の通信教育のデコアーティスト養成講座の総合コースの標準受講期間から6ヶ月程度で取得できると予測できます。

知識と製作技術レベルの目安は、基本的なデコアーティストレベルの知識・製作技術と基本柄の製作の習得です。

デコアーティスト2級には受験資格はありません。

「がくぶん」のデコアーティスト養成講座の総合コースの修了でデコアーティスト3級の取得レベルをクリアできます。

3)デコアーティスト1級のいろいろ

JID(日本デコアーティスト協会)の認定資格の3級デコアーティストの取得期間の目安・傾向を紹介します。

取得期間の目安は、「がくぶん」の通信教育のデコアーティスト養成講座のプロフェッショナルコースの標準受講期間から12ヶ月程度で取得できると予測できます。

知識と製作技術レベルの目安は、高度なデコアーティストレベルの知識・製作技術の習得です。

デコアーティスト1級の受験資格はデコアーティスト2級を持っていることです。

「がくぶん」のデコアーティスト養成講座のプロフェッショナルコースの修了でデコアーティスト1級の取得レベルをクリアできます。

JID(日本デコアーティスト協会)と「がくぶん」のデコアーティスト養成講座のサイトでデコアーティストの詳細を確認できます。

JID(日本デコアーティスト協会)の認定資格のデコアーティスト1級・2級・3級検定対策なら、「がくぶん」の通信教育のデコアーティスト養成講座のプロフェッショナルコース・総合コース・基本コースをおススメします。






デコアーティスト資格取得方法

デコアーティスト資格取得方法なら通信教育講座をおススメします。

通学不要で決められた講座時間もないのでライフスタイルに合わせてマイペースで学習できます。

通信教育機関を選ぶなら伝統と実績がある「がくぶん」を利用するのが適切です。

「がくぶん」のデコアーティスト養成講座はJID(日本デコアーティスト協会)の検定試験に対応しています。

デコアーティストの詳細は「がくぶん」とJID(日本デコアーティスト協会)のサイトで確認できます。

JID(日本デコアーティスト協会)のデコアーティスト1級・デコアーティスト2級・デコアーティスト3級を取得すればデコアートの知識と製作技術レベルを証明できます。

次に、デコアーティスト資格取得方法を紹介します。

1)デコアートの基本

基本の知識と製作技術を習得すればオリジナルデコレーションを楽しめます。

基本的な知識と製作技術の習得を証明するデコアーティスト資格取得方法は、「がくぶん」のデコアーティスト養成講座の基本コースで学ぶことです。

JID(日本デコアーティスト協会)の認定級数の3級検定対策なら「がくぶん」の基本コースをおススメします。

デコアーティスト3級の受験資格はありません。

検定概要はデコアートの基本的な知識と製作技術の知識と製作技術です。

検定受験料は8200円です。

検定試験内容は丸形ケース・カードケースのデザインが出題されます。

2)デコアートの基本柄

基本的な知識とデコアートの基本柄の製作技術を習得すれば、オリジナルデコレーションの販売にも役立ちます。

基本的な知識とデコアートの基本柄の製作技術の習得を証明するデコアーティスト資格取得方法は、「がくぶん」のデコアーティスト養成講座の総合コースで学ぶことです。

JID(日本デコアーティスト協会)の認定級数の2級検定対策なら「がくぶん」の総合コースをおススメします。

デコアーティスト2級には受験資格はありません。

検定受験料は12300円です。

検定試験内容は丸形ケース・カードケース・ボールペン・ハート形ケース・コンパクトミラーのデザインが出題されます。

3)プロフェッショナル

高度なレベルのデコアーティスト製作技術を習得すればデコアートのプロフェッショナルとして活躍できます。

高度なレベルのデコアーティスト製作技術の習得を証明するデコアーティスト資格取得方法は、「がくぶん」のデコアーティスト養成講座のプロフェッショナルコースで学ぶことです。

JID(日本デコアーティスト協会)の認定級数の1級検定対策なら「がくぶん」のプロフェッショナルコースをおススメします。

検定受験料は15400円です。

検定試験の内容は、モチーフのデザイン・グラデーションのデザイン・自由課題になります。

デコアーティストの詳細は日本デコアーティスト協会(JID)の認定級数のコーナーで確認できます。

受験資格・認定レベル・検定受験料・試験内容が紹介してあります。

「がくぶん」の通信教育のデコアーティスト養成講座の基本コース・総合コース・プロフェッショナルコースが対応しています。






デコアーティストの資格取得のメリット

デコアーティストの資格取得のメリットはオリジナルデコレーションを楽しめることやデコアートの知識と製作技術を活かして働けることです。

JID(日本デコアーティスト協会)の認定級数を取得してみませんか。

民間資格ですがデコアートの知識や製作技術レベルを証明します。

JID(日本デコアーティスト協会)の認定級数を取得して、デコショップ・アクセサリーショップ・デコパーツショップ・雑貨ショップやブライダル・デザイン・クリスタル・ディスプレイ・アパレルなどの分野で活躍している女性もいます。

デコアーティストの詳細はJID(日本デコアーティスト協会)のサイトで確認できます。

デコアートの普及と製作技術の発展と向上を目的にJID(日本デコアーティスト協会)は設立されました。

JIDには、デコアートの知識と製作技術レベルを証明する検定があります。

デコアーティスト1級・デコアーティスト2級・デコアーティスト3級の3つの認定資格です。

「がくぶん」のデコアーティスト養成講座でJID(日本デコアーティスト協会)の認定級数の検定の受験勉強ができます。

次に、デコアーティストの資格取得のメリットを紹介します。

1)オリジナルデコレーションを楽しむ

「がくぶん」の通信教育講座を利用してデコアーティストの資格取得のメリットは、オリジナルデコレーションを楽しめることやデコアート関連の仕事に役立つことです。

「がくぶん」の通信教育講座でデコアートの知識と製作技術を学べます。

デコアートの知識と製作技術を取得したデコアーティストが活躍している職場は、デコショップ・アクセサリーショップ・デコパーツショップなどがあります。

知識とスキルを活かしてブライダル・デザイン・クリスタル・ディスプレイ・アパレル関係の仕事で活躍している女性もいます。

2)デコアートのレベル

JID(日本デコアーティスト協会)の認定級数を取得しませんか。

JIDのデコアーティストの資格取得のメリットはデコアートの知識と製作技術レベルを証明できることです。

日本デコアーティスト協会のデコアーティスト1級・デコアーティスト2級・デコアーティスト3級はデコアーティストのレベルを証明します。

高度なレベルのデコアート知識と製作技術を証明する認定資格はデコアーティスト1級です。

基本的なデコアート知識と製作技術と基本柄の製作技術を証明する認定資格はデコアーティスト2級です。

デコアートの基本的な知識と製作技術を証明するのはデコアーティスト3級です。

3)通信教育の「がくぶん」

「がくぶん」のデコアーティストの通信教育講座を利用したデコアーティストの資格取得のメリットはライフスタイルに合わせてマイペースで受験勉強ができることです。

家事や育児の合間のスキマ時間を利用して学べます。

JID(日本デコアーティスト協会)のデコアーティスト1級・デコアーティスト2級・デコアーティスト3級の検定試験内容に沿ってまとめられた通信教育講座です。

「がくぶん」のデコアーティスト養成講座(通信教育講座)でマイペース学習しませんか。

デコアーティストの詳細は「がくぶん」のデコアーティスト養成講座とJID(日本デコアーティスト協会)のサイトで紹介されています。

デコアーティスト1級・2級・3級はデコアートの知識と製作技術習得を証明します。

通信教育講座のメリットは家事や育児の合間に学習を進められることです。







デコアーティストの資格概要

デコアーティストの資格概要はJID(日本デコアーティスト協会)のサイトで確認できます。

デコアーティストの資格はJID(日本デコアーティスト協会)が認めます。

デコアーティストの仕事には公的資格はありません。

JID(日本デコアーティスト協会)のデコアーティスト1級・デコアーティスト2級・デコアーティスト3級がデコアートの知識と製作技術レベルを証明する資格になります。

JID(日本デコアーティスト協会)のサイトでデコアーティストの詳細を確認したら「がくぶん」のデコアーティスト養成講座を受講してください。

伝統と実績がある通信教育機関の「がくぶん」の通信教育講座を受講しませんか。

デコアート初心者でも理解しやすいように作られている養成講座です。

ライフスタイルに合わせた自宅でのマイペース学習でデコアートの知識と製作技術を習得できます。

次に、デコアーティストの資格概要の紹介をします。

1)JIDとは

JIDに紹介してあるデコアーティストの資格概要を紹介します。

日本デコアーティスト協会(JID)の認定級数は3つのレベルが用意されています。

プロフェショナルレベルのデコアーティスト1級・応用レベルのデコアーティスト2級・基本レベルのデコアーティスト3級です。

高度なレベルのデコアーティストとして活躍したい人はデコアーティスト1級を取得してください。

デコアートの基本的な知識と技術に加えてデコアートの基本柄を製作できるレベルを証明するならデコアーティスト2級を取得してください。

デコアートの基本的な知識と技術を証明するならデコアーティスト3級を取得してください。

2)デコアーティスト3級検定と2級検定内容について

デコアーティストの3級と2級の資格概要は日本デコアーティスト協会(JID)のサイトで確認できます。

次に、JIDのデコアーティスト2級・デコアーティスト3級の受験資格・検定試験内容について概要を紹介します。

デコアーティスト3級検定には受験資格はありません。

「がくぶん」の通信教育の基本コースでデコアートの知識と製作技術を学べばOKです。

検定試験内容2題です。

丸形ケースとカードケースへのデコレーションです。

「がくぶん」の通信教育の総合コースでデコアートの知識と製作技術を学べばOKです。

3)デコアーティスト1級検定内容について

デコアーティストの1級の資格概要は日本デコアーティスト協会(JID)のサイトで確認できます。

デコアーティスト1級検定の受験資格はデコアーティスト2級を取得していることになります。

検定試験の内容はハートモチーフのデザイン・グラデーションのデザイン・自由課題になります。

「がくぶん」の通信教育のプロフェッショナルコースでデコアートの知識と製作技術を学べば合格可能性も高くなります。

「がくぶん」の通信教育のデコアーティスト養成講座を利用して、3級・2級・1級とステップアップ受験しませんか。

デコアーティストの詳細を確認するなら日本デコアーティスト協会(JID)をおススメします。

受験資格・認定レベル・試験内容が分かります。

検定試験対策なら「がくぶん」のデコアーティスト養成講座の基本コース・総合コース・プロフェッショナルコースをおススメします。





デコアーティストの志望動機

デコアーティストの志望動機にはオリジナルデコレーションを楽しみたい・周りにデコグッズやデコ電をつくって楽しませたい・オリジナルデコレーションの楽しさを利益に変えたいなどがあります。

デコアーティストが活躍しているのは、デコショップ・アクセサリーショップ・デコパーツショップやデザイン・クリスタル・ディスプレイ関連企業やデコアート教室や講習会の講師などがあります。

デコアートの知識と製造技術を活かして働きませんか。

「がくぶん」のデコアーティスト養成講座には通信教育で学べるデコアーティストの詳細が紹介してあります。

「がくぶん」の通信教育のデコアーティスト養成講座は、JID(日本デコアーティスト協会)の検定試験に対応しています。

JID(日本デコアーティスト協会)はデコアートの普及と製作技術の発展と向上を目的として設立されました。

設立の中心はデコアート関連企業です。

JID(日本デコアーティスト協会)の認定級数を取得してオリジナルデコレーションを楽しみませんか。

次に、デコアーティストの志望動機を紹介します。

1)デコレーションを楽しむ

デコアーティストの志望動機にはオリジナルデコレーションを楽しみたいからというのがあります。

オリジナルデコレーションを楽しむにはデコアートの基礎知識や製作技術が必要です。

デコアートの基礎知識や基本的な製作技術を学ぶなら通信教育機関の「がくぶん」のデコアーティスト養成講座をおススメします。

「がくぶん」の通信教育の養成講座・基本コースは、JID(日本デコアーティスト協会)のデコアーティスト3級の検定試験に対応しています。

2)デコレーションで喜ばせたい

デコアーティストの志望動機にはオリジナルデコレーションで周りを喜ばせたいからというのがあります。

オリジナルデコレーションで周りを喜ばすにはデコアートの基礎知識や製作技術に加えて製作技術の応用力が必要です。

デコアートの知識とノウハウと製作技術を学ぶなら通信教育機関の「がくぶん」のデコアーティスト養成講座の総合コースをおススメします。

「がくぶん」の通信教育の養成講座・総合コースは、JID(日本デコアーティスト協会)のデコアーティスト2級の検定試験に対応しています。

2)デコアートを教えたい

デコアーティストの志望動機にはデコアートの製作技術を教えたいからというのがあります。

デコアートの製作技術を教えるには高度な知識やノウハウや製作技術が必要です。

デコアートの高度な知識・ノウハウ・製作技術を学ぶなら通信教育機関の「がくぶん」のデコアーティスト養成講座のプロフェッショナルコースをおススメします。

「がくぶん」の通信教育の養成講座・プロフェッショナルコースは、JID(日本デコアーティスト協会)のデコアーティスト1級の検定試験に対応しています。

デコアーティストの詳細はJID(日本デコアーティスト協会)で確認できます。

デコレーションを楽しむ・デコレーションで周りを喜ばせたい・デコアートを教えたい人は、がくぶん」の通信教育の養成講座の基本コース・総合コース・プロフェッショナルコースをおススメします。

JID(日本デコアーティスト協会)のデコアーティストの認定級数の検定試験に対応しています。






デコアーティストに求められる能力

デコアーティストに求められる能力は、基礎知識と製作技術とオリジナルデザイン力です。

デコアーティストのレベルはJID(日本デコアーティスト協会)の認定級数で確認できます。

デコアーティストとしての知識と製作技術とデザイン力をアップさせるには、基礎知識と基本的な製作技術をシッカリ習得することが大切になります。

JID(日本デコアーティスト協会)の認定級数を取得しませんか。

JID(日本デコアーティスト協会)の検定試験対策の受験勉強をする過程で基礎知識や基本的な製作技術などのベースができます。

認定級数などのデコアーティストの詳細はJID(日本デコアーティスト協会)のサイトで紹介されています。

次に、デコアーティストに求められる能力について紹介します。

1)デコアーティストの技能

デコアーティストに求められる能力は、職種や携わっている仕事の内容によって違います。

デコアーティストが活躍している職場や職種は大きく分けて3タイプに分かれます。

デコショップ・アクセサリーショップ・デコパーツショップなどでのデコ電・デコグッズ製作やセールスの仕事。

ブライダル・デザイン・クリスタル・ディスプレイ企業でのデコアーティストの知識とノウハウを活かした仕事。

デコアート教室やデコアート講習会などでの講師などです。

デコアーティストの知識・ノウハウ・製作技術などを活かして活躍しませんか。

2)ショップのデコアーティストの能力

デコショップ・アクセサリーショップ・デコパーツショップなどでのデコ電・デコグッズ製作やセールスの仕事には、JIDの3級レベルがデコアーティストに求められる能力(認定レベル)になります。

JID(日本デコアーティスト協会)のデコアーティスト3級資格者は、デコアートの基本的な知識と技術を備えています。

JIDのデコアーティスト3級の技能検定試験では、

・丸形ケースに花モチーフをちらしてはるデザイン

・カードケースに整列ではるデザインの課題のクリアが求められます。

「がくぶん」のデコアーティスト養成講座の基本コースがデコアーティスト3級の検定試験対策用講座になっています。

3)デザイン企業のデコアーティストの能力

ブライダル・デザイン・クリスタル・ディスプレイ企業で働いているデコアーティストに求められる能力(認定レベル)は、JID(日本デコアーティスト協会)のデコアーティスト2級レベルです。

JID(日本デコアーティスト協会)のデコアーティスト2級取得者は、デコアートの基本的な知識と技術を備えていてデコアートの基本の柄を製作できる能力があります。

デコアーティスト2級の技能検定試験では、

・丸形ケースに花モチーフをちらして貼るデザイン

・カードケースに整列ではるデザイン・ボールペンにストライプ柄デザイン

・ハート形ケースにヒョウ柄デザイン・コンパクトミラーに大きなパーツを使ったデザインの課題のクリアが求められます。

「がくぶん」の養成講座の総合コースがデコアーティスト2級の検定試験対策用講座になっています。

デコアーティストの詳細はJID(日本デコアーティスト協会)のサイトで確認してください。

デコアートの知識と製作技術を習得して、デコショップ・アクセサリーショップ・デコパーツショップ・ブライダル・デザイン・クリスタル・ディスプレイ・デコアート教室やデコアート講習会などで活躍しませんか。





デコアーティストに向いている人・向いていない人

デコアーティストに向いている人・向いていない人を考えると、考えることが好きな人や好奇心がある人に向いているようです。

デコアートの製作には、細かい手仕事が好き・創作することが好き・周りを喜ばせることが好き・美しいものに興味がある人が向いています。

デコアーティストの詳細はJID(日本デコアーティスト協会)のサイトで紹介してあります。

デコアーティストとはデコレーション技法を使った製作技術者のことです。

デコアートとは、コンパクト・ボールペン・スマートフォンなどの身の回りの小物にキラキラパーツ(ライトストーンなど)でオリジナルデコレーションをすることです。

JID(日本デコアーティスト協会)には、デコアーティスト1級・デコアーティスト2級・デコアーティスト3級などの認定級数があります。

JID(日本デコアーティスト協会)の検定試験をクリアすれば取得できます。

検定試験対策には、「がくぶん」のデコアーティスト養成講座をおススメします。

次に、デコアーティストに向いている人・向いていない人を紹介します。

1)デコアーティスト協会

デコアーティストに向いている人・向いていない人を考える前にデコアーティストの概要を紹介します。

日本デコアーティスト協会はデコアートの普及と製作技術の発展と向上を目的に設立された団体です。

日本デコアーティスト協会はJIDとも呼ばれています。

日本デコアーティスト協会(JID)の認定級数であるデコアーティスト1級・2級・3級を取得したデコアーティストは、デコショップ・アクセサリーショップ・デコパーツショップやブライダル・デザイン・ディスプレイ事務所などで活躍しています。

2)デコ電・デコグッズ

デコアーティストに向いている人・向いていない人を考えるとオリジナルデコレーション製作が好きな人が向いています。

「がくぶん」の通信教育のデコアーティスト養成講座でデコアートの知識と製作技術を学んでデコ電・デコグッズをつくりませんか。

オリジナルのデコ電やデコグッズを楽しんでいる女性も増えているようです。

自分だけのオリジナルデコ電・デコグッズを楽しむだけでなく、プロのデコアーティストとしてデコ電やデコグッズ製作で利益を上げることもできます。

3)「がくぶん」で学ぶデコレーション

デコアーティストに向いている人・向いていない人で悩むより「がくぶん」の通信教育講座を受講してください。

「がくぶん」のデコアーティスト養成講座を受講すればオリジナルデコレーションつくりの楽しさに夢中になります。

「がくぶん」の養成講座には4つのコースがあります。プ

ロフェッショナルコース・総合コース・基本コース・プライマリーコースです。

JID(日本デコアーティスト協会)のデコアーティスト1級の検定試験に対応しているのは「がくぶん」の養成講座のプロフェッショナルコースです。

デコアーティスト2級の検定試験対応の養成講座は総合コースです。

デコアーティスト3級の検定試験対応の養成講座は基本コースです。

デコアーティストの詳細はJID(は日本デコアーティスト協会)で紹介されています。

「がくぶん」の通信教育のデコアーティスト養成講座でデコ電・デコグッズつくりを学べます。

知識と製作技術を学んで検定試験をクリアしませんか。