<< デコアーティストに向いている人・向いていない人 | main | デコアーティストの志望動機 >>

スポンサーサイト

  • 2016.03.22 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


デコアーティストに求められる能力

デコアーティストに求められる能力は、基礎知識と製作技術とオリジナルデザイン力です。

デコアーティストのレベルはJID(日本デコアーティスト協会)の認定級数で確認できます。

デコアーティストとしての知識と製作技術とデザイン力をアップさせるには、基礎知識と基本的な製作技術をシッカリ習得することが大切になります。

JID(日本デコアーティスト協会)の認定級数を取得しませんか。

JID(日本デコアーティスト協会)の検定試験対策の受験勉強をする過程で基礎知識や基本的な製作技術などのベースができます。

認定級数などのデコアーティストの詳細はJID(日本デコアーティスト協会)のサイトで紹介されています。

次に、デコアーティストに求められる能力について紹介します。

1)デコアーティストの技能

デコアーティストに求められる能力は、職種や携わっている仕事の内容によって違います。

デコアーティストが活躍している職場や職種は大きく分けて3タイプに分かれます。

デコショップ・アクセサリーショップ・デコパーツショップなどでのデコ電・デコグッズ製作やセールスの仕事。

ブライダル・デザイン・クリスタル・ディスプレイ企業でのデコアーティストの知識とノウハウを活かした仕事。

デコアート教室やデコアート講習会などでの講師などです。

デコアーティストの知識・ノウハウ・製作技術などを活かして活躍しませんか。

2)ショップのデコアーティストの能力

デコショップ・アクセサリーショップ・デコパーツショップなどでのデコ電・デコグッズ製作やセールスの仕事には、JIDの3級レベルがデコアーティストに求められる能力(認定レベル)になります。

JID(日本デコアーティスト協会)のデコアーティスト3級資格者は、デコアートの基本的な知識と技術を備えています。

JIDのデコアーティスト3級の技能検定試験では、

・丸形ケースに花モチーフをちらしてはるデザイン

・カードケースに整列ではるデザインの課題のクリアが求められます。

「がくぶん」のデコアーティスト養成講座の基本コースがデコアーティスト3級の検定試験対策用講座になっています。

3)デザイン企業のデコアーティストの能力

ブライダル・デザイン・クリスタル・ディスプレイ企業で働いているデコアーティストに求められる能力(認定レベル)は、JID(日本デコアーティスト協会)のデコアーティスト2級レベルです。

JID(日本デコアーティスト協会)のデコアーティスト2級取得者は、デコアートの基本的な知識と技術を備えていてデコアートの基本の柄を製作できる能力があります。

デコアーティスト2級の技能検定試験では、

・丸形ケースに花モチーフをちらして貼るデザイン

・カードケースに整列ではるデザイン・ボールペンにストライプ柄デザイン

・ハート形ケースにヒョウ柄デザイン・コンパクトミラーに大きなパーツを使ったデザインの課題のクリアが求められます。

「がくぶん」の養成講座の総合コースがデコアーティスト2級の検定試験対策用講座になっています。

デコアーティストの詳細はJID(日本デコアーティスト協会)のサイトで確認してください。

デコアートの知識と製作技術を習得して、デコショップ・アクセサリーショップ・デコパーツショップ・ブライダル・デザイン・クリスタル・ディスプレイ・デコアート教室やデコアート講習会などで活躍しませんか。





スポンサーサイト

  • 2016.03.22 Tuesday
  • -
  • 14:13
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM