<< デコアーティストの志望動機 | main | デコアーティストの資格取得のメリット >>

スポンサーサイト

  • 2016.03.22 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


デコアーティストの資格概要

デコアーティストの資格概要はJID(日本デコアーティスト協会)のサイトで確認できます。

デコアーティストの資格はJID(日本デコアーティスト協会)が認めます。

デコアーティストの仕事には公的資格はありません。

JID(日本デコアーティスト協会)のデコアーティスト1級・デコアーティスト2級・デコアーティスト3級がデコアートの知識と製作技術レベルを証明する資格になります。

JID(日本デコアーティスト協会)のサイトでデコアーティストの詳細を確認したら「がくぶん」のデコアーティスト養成講座を受講してください。

伝統と実績がある通信教育機関の「がくぶん」の通信教育講座を受講しませんか。

デコアート初心者でも理解しやすいように作られている養成講座です。

ライフスタイルに合わせた自宅でのマイペース学習でデコアートの知識と製作技術を習得できます。

次に、デコアーティストの資格概要の紹介をします。

1)JIDとは

JIDに紹介してあるデコアーティストの資格概要を紹介します。

日本デコアーティスト協会(JID)の認定級数は3つのレベルが用意されています。

プロフェショナルレベルのデコアーティスト1級・応用レベルのデコアーティスト2級・基本レベルのデコアーティスト3級です。

高度なレベルのデコアーティストとして活躍したい人はデコアーティスト1級を取得してください。

デコアートの基本的な知識と技術に加えてデコアートの基本柄を製作できるレベルを証明するならデコアーティスト2級を取得してください。

デコアートの基本的な知識と技術を証明するならデコアーティスト3級を取得してください。

2)デコアーティスト3級検定と2級検定内容について

デコアーティストの3級と2級の資格概要は日本デコアーティスト協会(JID)のサイトで確認できます。

次に、JIDのデコアーティスト2級・デコアーティスト3級の受験資格・検定試験内容について概要を紹介します。

デコアーティスト3級検定には受験資格はありません。

「がくぶん」の通信教育の基本コースでデコアートの知識と製作技術を学べばOKです。

検定試験内容2題です。

丸形ケースとカードケースへのデコレーションです。

「がくぶん」の通信教育の総合コースでデコアートの知識と製作技術を学べばOKです。

3)デコアーティスト1級検定内容について

デコアーティストの1級の資格概要は日本デコアーティスト協会(JID)のサイトで確認できます。

デコアーティスト1級検定の受験資格はデコアーティスト2級を取得していることになります。

検定試験の内容はハートモチーフのデザイン・グラデーションのデザイン・自由課題になります。

「がくぶん」の通信教育のプロフェッショナルコースでデコアートの知識と製作技術を学べば合格可能性も高くなります。

「がくぶん」の通信教育のデコアーティスト養成講座を利用して、3級・2級・1級とステップアップ受験しませんか。

デコアーティストの詳細を確認するなら日本デコアーティスト協会(JID)をおススメします。

受験資格・認定レベル・試験内容が分かります。

検定試験対策なら「がくぶん」のデコアーティスト養成講座の基本コース・総合コース・プロフェッショナルコースをおススメします。





スポンサーサイト

  • 2016.03.22 Tuesday
  • -
  • 14:16
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM