<< デコアーティストの通信講座 | main |

スポンサーサイト

  • 2016.03.22 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


デコアーティストと歯科衛生士の違い

デコアーティストと歯科衛生士の違いはいろいろあります。

資格を認定するのが民間団体と公的機関の違いになります。

デコアーティストはデコ電やデコグッズの製作技術やデコアートの知識を持っています。

歯科衛生士は、歯や口腔疾患の予防の歯石除去&薬物塗布や歯科診療の補助&介助をします。

JID(日本デコアーティスト協会)のサイトにデコアーティストの詳細が紹介してあります。

歯科衛生士は歯科衛生士会(公益社団法人)のサイトで紹介してあります。

民間資格のデコアート関係の資格名称は民間団体の数だけあります。

デコアートの民間資格を取得するならJID(日本デコアーティスト協会)の資格をおススメします。

JID(日本デコアーティスト協会)はデコアートの普及と製作技術の発展と向上を目的としてデコアート関連の会社が中心メンバーとなって設立されました。

デコアート関係の仕事をするなら業界に知られているJIDの認定資格を取得するのがベストです。

次に、デコアーティストと歯科衛生士の違いについて紹介します。

1)デコアートの民間資格

デコアーティストと歯科衛生士の違いを明確にするためにJID(日本デコアーティスト協会)のサイトと歯科衛生士会(公益社団法人)のサイト覗いてください。

JID(日本デコアーティスト協会)にはデコアート製作技術と知識レベルを証明する認定級数があります。

デコアーティスト1級・デコアーティスト2級・デコアーティスト3級です。

JID(日本デコアーティスト協会)の検定試験をクリアすれば取得できます。

検定試験のクリアには「がくぶん」の通信教育のデコアーティスト養成講座の受講をおススメします。

2)歯科衛生士とは

デコアーティストと歯科衛生士の違いを明確にするために歯科衛生士の概要を紹介します。

歯科衛生士は仕事をするうえで必要な国家資格です。

歯科衛生士として働くためには国家試験に合格することが必要です。

歯科衛生士国家試験には受験資格があります。

受験資格は専門学校・短期大学・大学などの歯科衛生士養成機関の卒業資格です。

歯科衛生士養成機関の卒業資格を得て歯科衛生士国家試験に合格すれば厚生労働大臣が歯科衛生士名簿に登録できます。

歯科衛生士名簿に登録することで歯科衛生士免許証を取得して歯科診療所や歯科医院で歯科衛生士として働けます。

3)デコアーティストは「がくぶん」

デコアーティストと歯科衛生士の違いは通信教育機関で学んで受験できることです。

デコアーティスト検定試験は「がくぶん」の通信教育のデコアーティスト養成講座で学べばクリアできます。

「がくぶん」の養成講座には4つのコースがあります。

プロフェッショナルコース・総合コース・基本コース・プライマリーコースです。

JID(日本デコアーティスト協会の)デコアーティスト1級検定試験クリアには、高度なレベルの知識と製作技術を習得する必要があります。

「がくぶん」の養成講座のプロフェッショナルコースで準備できます。

デコアーティスト2級検定試験クリアには、基本的な知識や製作技術と基本柄の製作を習得する必要があります。

「がくぶん」の養成講座の総合コースで準備できます。

デコアーティスト3級検定試験クリアには、基本的な知識や製作技術を習得する必要があります。

「がくぶん」の養成講座の基本コースで準備できます。

JID(日本デコアーティスト協会)のサイトでデコアーティストの詳細を確認できます。

歯科衛生士会(公益社団法人)のサイトで歯科衛生士のことを確認できます。

民間団体のJID(日本デコアーティスト協会)の検定試験対策には、通信教育機関の「がくぶん」の養成講座のプロフェッショナルコース・総合コース・基本コース・プライマリーコースをおススメします。





スポンサーサイト

  • 2016.03.22 Tuesday
  • -
  • 14:24
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク