<< デコアーティストの現状と今後 | main | デコアーティストの求人・職種・勤務先 >>

スポンサーサイト

  • 2016.03.22 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


デコアーティストの仕事内容

デコアーティストの仕事内容はデコアートのデコレーションです。

「がくぶん」の通信教育講座にはデコアーティスト養成講座があります。

「がくぶん」のデコアーティスト養成講座はJID(日本デコアーティスト協会)の認定試験に対応しています。



「がくぶん」のデコアーティスト養成講座のサイトにはデコアーティストの詳細が紹介してあります。

デコアーティストのことを調べてみませんか。

デコアーティストとして活躍するならJID(日本デコアーティスト協会)の認定級数が役立ちます。

JID(日本デコアーティスト協会)は、デコアートの普及・製作技術の発展と向上を目的として設立された団体です。

デコアートとはデコ電やデコグッズに代表されるライストーンなどを使用したデコレーションのことです。

デコアーティストはデコレーション技法の製作技術者のことです。

「がくぶん」のデコアーティスト養成講座はJID(日本デコアーティスト協会)の認定資格取得に役立ちます。

次に、デコアーティストの仕事内容を紹介します。

1)日本デコアーティスト協会の認定資格

デコアーティストの仕事内容はオリジナルデコレーションの製作です。

デコアーティストとして活躍するならJID(日本デコアーティスト協会)の認定資格が役立ちます。

JID(日本デコアーティスト協会)の認定資格を取得しませんか。

JID(日本アーティスト協会)の認定級位は3段階です。

デコアーティスト1級・デコアーティスト2級・デコアーティスト3級になります。

2)通信教育講座と認定級位

取得したJID(日本デコアーティスト協会)の認定級位レベルで習得している知識と製作技術レベルが分かります。

デコアーティストの仕事内容に応じて取得したJID(日本デコアーティスト協会)の認定資格が役立ちます。

デコアーティスト1級を取得するなら「がくぶん」のデコアーティスト養成講座のプロフェッショナルコースをおススメします。

デコアーティスト2級を取得するなら総合コースをおススメします。

デコアーティスト3級を取得するなら基本コースをおススメします。

3)デコショップの認定級数

デコショップでのデコアーティストの仕事内容は、・デコ電やデコグッズやデコグッズの材料の販売になります。

デコ電やデコグッズの製作サポートや製作もあります。

商品の製作・製作サポート・材料の選びのアドバイスにはデコアーティスト3級レベルが必要です。

「がくぶん」のデコアーティスト養成講座の基本コースを受講してデコアートの知識と製作技術を習得してください。

デコアーティストの詳細は「がくぶん」とJID(日本デコアーティスト協会)のサイトで確認できます。

JID(日本デコアーティスト協会)のサイトでは、協会の紹介・技能検定・コンテスト・メディア・イベント予定などが紹介されています。





スポンサーサイト

  • 2016.03.22 Tuesday
  • -
  • 14:04
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク